タグの使い方

ルビ(振り仮名)や一部ゴチック指定など、さまざまな文字修飾は、本ソフトではhtmlに似たタグを利用します
タグ編集については、ほとんどの場合、専用画面でのマウス操作で項目を選んだり数値を指定するだけで可能ですが、 自分で直接打ち込んだり、編集することも出来ます
以下、詳細について説明します

タグの書式

タグの書式は基本的に

<タグ名=属性1=属性2>修飾される文字列 </タグ名>


となります。

属性は不要のタグもあります。その場合は

<タグ名>修飾される文字列 </タグ名>


とシンプルになります。

タグ一覧

タグ 意味 属性指定 ショートカット 書式例 備考
すべて共通(記事・見出し・写真説明)
<b> 太字 Crtl+B 一部を<b>太字</b>に
<g> ゴシック Ctrl+G 一部を<g>呉竹</g>に ゴシックの文字列内では無効
<m> 明朝 Crtl+M 一部を<m>明朝</m>に 明朝の文字列内では無効
<ruby> まとめルビ 必須 Crtl+R 漢字に<ruby=か/な>仮名</ruby>を振る
<rubyi> 個別ルビ 必須 Crtl+R 漢字に<rubyi=か/な>仮名</rubyi>を振る
<!t> 打ち消しタグ 太字は<!t><b>このように<!t></b>指定します タグを普通の文字列として表示します
記事と見出し共通
<br> 強制改行 Ctrl+Enter 見出しは<dd>と<d>タグ内のみ有効。写真説明では普通の改行を打てばOKなので不要
記事と写真説明文共通
<ed> 末尾揃え ……の謎を追った。<ed>(取材班)</ed> 段落の末尾で指定しないと無効
<fn> フォント部分変更 必須 苔と力で<fn=花園明朝B>𠢙</fn> 現在のフォントで表示できない漢字をくくるなど
記事のみ
<embr> 埋め込み 必須 埋め込み素材を指定しないと単なる空白になる
<dl> 傍線 Ctrl+L 文章の一部に<dl>傍線</dl>を引く
見出しのみ
<d> 割り見出し 省略可 Ctrl+K 手軽に新聞作成<d>朝刊<br>太郎
<d=lt>朝刊太郎</d>手軽に新聞作成
見出し文の最後部を指定する場合は受け無しでもOK。属性指定をしない場合は初期値
<dd> 独立割り見出し 省略可 Ctrl+K 手軽に新聞作成<dd>朝刊<br>太郎
<dd=lt=70%>朝刊太郎</dd>手軽に新聞作成
見出し文の最後部を指定する場合は受け無しでもOK。属性指定をしない場合は初期値


分割タグ(d)独立分割タグ(dd)の違い


分割タグは見出しでのみ使えるタグです。

まず通常の分割タグ(d)を見てみます。

朝刊太郎を公開 <d>開発版</d>





扁平をかけるとすべてにかかります


地紋をかけるとすべてにかかります



一方の独立分割タグ(dd)

朝刊太郎を公開<dd>開発版<dd>



特に指定しない場合は、普通の分割タグと変わりません


扁平をかけると独立分割部分にはかかりません


地紋は独立分割部分にはかかりません


独立分割部分には、文字のサイズを指定することが出来ます。

朝刊太郎を公開<dd=70%> 開発版</dd>




独立タグ部分には、独自の文字大きさだけでなく、扁平指定も可能です。
これを利用すると、以下のような見出しもひとつの見出し文で可能です

書式は次のようになります

東京<dd=6/2.25b>→<br>←</dd>北斗<dd=4.5b>最速242分</dd>


やや分かりにくいですが、「東京」「北斗」以外の2カ所は独立分割タグで区切られています。
それぞれに文字の大きさを指定しています。
なお、専用画面で、この見出しの矢印部分を指定している画面は以下のような感じです




まとめルビ(ruby)と個別ルビ(rubyi)の使い分け

以下をご覧ください



それぞれのルビ指定の書式は以下の通りです。

<ruby=やつ/はし/まき/え/ら/でん/すずり/ばこ>八橋蒔絵螺鈿硯箱</ruby>

 

<rubyi=やつ/はし/まき/え/ら/でん/すずり/ばこ>八橋蒔絵螺鈿硯箱</rubyi>


タグ名以外はまったく同一です。
専用画面を呼び出して変更することも可能ですが、手動で"i"を付けたり消しても変えられます

埋め込みタグ(embr)の使い方

記事の先頭や途中に見出しを入れる埋め込みタグの書式は以下のようになります

<embr=幅行数/食い込み文字数/段落頭からの空き行数=埋め込み素材名>



具体的な書式の例です

<embr=4/4/0=見出し1>



面倒くさそうですが、ほとんどの場合、以下のような書式で用が足ります

<embr=4=見出し1>


属性要素の「幅行数」は指定必須です。それ以外は省略可能です
「食い込み文字数」は省略すると自動的に段落の天地いっぱいになります。なお"0"を指定しても同じです
「段落頭からの空き行数」は、段落冒頭以外に挿入したい場合にのみ指定します

なお、埋め込み素材名を省略すると、単なる空白が埋め込まれます
「記事に小見出しを3カ所入れたいが、内容はあとで考えることにして、とりあえず紙面に配置したい」といった場合に 使えます

変則的ですが、記事の埋め込み見出しを利用して次のような表現も可能です。




タグの有効範囲は「段落」

終了タグがある場合は、タグは当然、開始タグから終了タグまで有効ですが、<b>などで終了タグを省略した場合は、その有効範囲はあくまで段落の終わりまでです。 たとえば記事冒頭に<b>タグを置いた場合、記事の最後までが太字になるわけでは無く、最初の段落のみが太字になります。